短小の3つの問題点

短小の主な原因は、包茎による亀頭や陰茎の成長阻害です。
普通、子供の頃は短小や包茎をあまり気にせず、包茎がペニスの成長を阻害するなんて考えもしません。
高校生ぐらいになって友人と旅行や銭湯に行き、初めて自分が短小だと気づくケースが多いです。

 

短小にはいくつか問題点があります。

 

まず、短小の原因である包茎だと細菌が繁殖したり皮膚のカスが溜まりやすく、衛生面が心配です。
セックスした女性を細菌感染させてしまうかもしれません。

 

また、短小だと勃起しても皮が完全にはムケない事が多いです。
セックスのピストン運動で引く時、皮が亀頭にかぶって女性は気持ち良くありません。

 

そしてセックスで色んな体位を楽しみたくても、短小だと挿入が浅くなるので難しいです。

 

ペニスは勃起時に10cmあれば問題ありませんが、13〜15cmぐらいあるのが理想です。
皮が完全にムケて女性の感度も良くなり、セックスのアレンジが多彩に出来ます。

勃起不全と短小の原因は同じ

ペニスについて「なかなか勃起しない」「小さい」と悩んでいる人が多いです。
精力剤を探している人は少なくともこのどちらか、もしくは両方で悩んでいるはずです。

 

この2つはいわゆる勃起不全と短小ですが、実は原因は同じです。

 

決定的なのは、加齢によって成長ホルモンであるテストステロンの分泌量が減る事。
「まだ30代だから大丈夫」なんて油断出来ません。
テストステロンの分泌のピークは20代半ばで、そこから加齢と共にどんどん下がって行きます。

 

この落ちて行く分泌量を増やすのが精力剤「GHプレミアム」です。
天然ハーブなど様々な天然成分が配合されていて、これらの相乗効果で勃起力が回復します。

 

ペニス増大効果があるシトルリンも含まれているので、サイズも大きくなります。
「GHプレミアム」がきっと性生活を大きく変えてくれるはずです。

包茎を治せば大きくなる

クリニックは包茎手術をするだけではなく、男性の他の性の悩みも解決してくれます。

 

包茎と共に男性を悩ませるのがペニスの大きさでしょう。
もっと大きければ女性を喜ばせられるという考えから、大きなペニスになりたいと夢を持つ男性が多いです。

 

ペニスを大きくする事と包茎には深い関係があります。

 

体が成長するにつれて自然と皮がムケて亀頭が露出するのが正常な状態です。
ここで亀頭が露出せずに包茎のままだと、皮がペニスの成長を阻害して大きくならず、先細り型になってしまいます。

 

成長した成人男性でも包茎を治療すればペニスは大きくなります。
包茎じゃなくなると今までの分を取り戻そうと自然に成長するのです。

 

更にクリニックの医師達は、その成長を効果的にさせる方法を知っています。
包茎の治療をし、ペニスも大きくして自信を回復させましょう。