包茎は百害あって一利なし

包茎はペニスが不潔になったり成長が妨げられる大きな原因の1つで、短小にも繋がります。
包茎によるペニス成長不良の複合的なリスクは、様々な角度から短小の原因となります。
ペニスの成長が特に著しい思春期のうちに治しておきたいです。

 

包茎がもたらすペニス成長不良のリスクは、ペニスへの圧迫と不潔さです。
圧迫のリスクは圧迫による血流不良も含みます。

 

ペニスは体の他の部分と同じ様に細胞分裂を繰り返して成長します。
しかし、細胞分裂して成長しようとしている方向から圧力がかかり続けると、体がその方向への成長を諦めてしまいます。

 

例えば、ピアニストが毎日指を大きく開き続けていると指の間の水かきの部分が退化します。
また、足を広げる柔軟を毎日続けていると股の間の余分なたるみが少なくなります。

 

これを学習効果と言い、包茎はペニスが成長しない様に体に働きかけてしまいます。
更に圧迫によって血流も悪くなり、行き渡る栄養が減ってダブルで成長に悪影響です。

 

そしてカスが溜まって雑菌の温床になると、見た目には分からない微細な炎症が常に起こります。
免疫機構が常に活発化し、成長の為のエネルギーを免疫機構が使ってしまいます。

 

この2つの点で、包茎はペニスの成長に百害あって一利なしです。