包茎のプロに任せよう

昔から短小、包茎、早漏で悩み、自分に自信がなく、あまり積極的になれませんでした。

 

皮は手で少しムケますが、大きくなっても少ししか亀頭が露出しません。
これはマズイと不安になり、泌尿器科医の知人に相談しました。

 

すると、オナニーし過ぎると皮が伸びて包茎になり、先細りの短小になると言われました。
皮オナニーすると皮が伸びて包茎になりやすく、その包皮で押さえこまれて亀頭が小さくなるそうです。
刺激に弱くなり、早漏にもなるとの事でした。

 

多くの人はネットを見て自分で治そうとするけれど、改善する事はほぼないそうです。
包茎は原因と対処法が分かるので専門医に見せればきちんと治るのに、恥ずかしがって自分で治そうとするから治らないんだとか。

 

普通の泌尿器科の医師は包茎や短小のプロではないので、専門知識の豊富な専門院に行った方がいいそうです。
僕も彼に紹介され、ベテラン医が居る医院に行きました。
治療費も3万ぐらいで一般の病院より安かったのですが、まずは短小について無料カウンセリングしてもらいました。

 

実際行って分かったのは、やはり直接説明を受けるのは全然違うという事です。

 

ほとんどの病院はすぐに手術を勧めますが、ここは違います。
この病院の医師は包茎や短小に情熱を注いでいて、実績も豊富です。
写真をたくさん見せながら、原因はこれで、こうしたら最小限の治療で治ると論理的に説明してくれます。

 

とても信頼出来ましたが、いざ治療の日は病院へ行くのにドキドキしました。
でも麻酔するので痛くないし、皮の切除も最小限なので問題ないです。

 

治療後はあまり刺激を与えてはいけないので、3週間ぐらい触っちゃダメと言われました。
僕の場合、その頃には人並みの大きさになって自分に自信が持てました。

 

包茎はコンジロームになる確率が高く、女性にも転移して不妊の原因になります。
治療が遅ければ遅いほど回復も遅れるし、色々な意味で早く治療して良かったです。